読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLゆかたんの婚活ブログ

とあるOLの結婚活動ブログ、気ままな日記

アラサー喪女が占術師のゲッターズ飯田さんの言葉を胸に婚活パーティーへ

男女問わず、婚活パーティーに参加する機会が多ければ多い程“異性を見る目”も超えるというもの。
相手目線でものを考えることに重きを置くなら婚活パーティーに参加している男性の心境にも注目してみました。

男性だって、婚活と名前のつくパーティーにわざわざ自らが参加するのです。
表面上はともかく心の底では“真剣”な恋愛を求めているはず(多くの男性はロマンティストなはずですから??)

婚活パーティーを“キッカケ”にまずは、お友達からの交際でもOKですが
女性からのガツガツアピールは絶対にNG。

年齢を重ねた女性であればあるほどどうしても“我”が前に出てくることがありますが、ここは“年の功”。
同じ女性同士でもそうですが多少、相手に対して不甲斐なさや物足りなさを感じたとしても“控え目”にしていることがベストというもの。

必要以上に自分を良く見せなくても“心の良さ”を評価する人は必ずいます。
そういう人とお友達からでも良いので交際をはじめれば良いのです。

一番に駄目なパターンはまず男性の“年収”や“勤務先”等を気にする女性です。
男性も女性も年齢を重ねる程に“地位・名誉・年収”といった物質的なものに価値を見出しがちです。

また、話が盛り上がった後、2次会等でもかつては“男性に何でも奢ってもらおう”“男性陣に奢ってもらうのが当たり前”スタンスが通用致しましたがそれは自爆行為です。
近年の恋愛スタイルは“男女割り勘スタイル”が定説というもの。
ある程度年配の男性陣は“女性に奢らせるのは恥ずかしい”スタンスであることが多いものですが、若い頃から不況時代をしっかりと味わっている婚活世代:20代~30代の男性にはその金銭感覚は通用致しません。
自分達が“恰好悪い”というより、“あの人は押しが強く我も強い大変厚かましい女性”と思われてしまいます。
良くも悪くも“目が肥えてしまっている”30代~40代世代の女性の皆様、世代間格差を良く認識しお会計の際は“マナー”としてバックからお財布を出すよう心がけておきましょう。

また、婚活パーティーという世界にも色々な人が存在しているもの。
純粋に“男女の出逢い”を求めて参加しているという人の集まりというわけではありません。
中には宗教勧誘者・ネットワークビジネス等などの勧誘者もいたりします。
宗教もネットワークビジネスも個人の自由なので否定は致しませんが、やはり最大の目的は“婚活”なのですから、多くを“発言”するのは控えた方が無難です。
良く知りもしない相手に自分をさらけ出すというのは自分にとって“損”というもの。
若いうちは失敗も若さで許されますが、公の場では相手の出方を良く観察するようにしましょう。
何事も“秘すれば花”と心掛けておくことです。

交際全般についていえることですが、多くの人と広く、浅く仲良くなるためには“周囲の空気”や“観察力”が重要になってきます。
無理に自分を良くみせようと“恰好つける”必要はありませんがある程度、相手に合わせていくことは必要です。
多くを発言する必要はありませんがまずは“相手目線”で物事を考えてみることです。
自分の意見は一旦、脇に置いておいて人間を黙って観察してみると次第に面白いことが分かってきます。
“癖”のある人程、案外“世渡り上手”で“人間観察力”がずば抜けていたりします。
“気が利く人”もこれに該当しますが、そんな人程以外と案外とその内面は神経質で心配性であることも多いようです。
自分より素敵な人間に見えてもそこは人間。
それぞれ長所・短所は抱えていて当たり前。
そして、自分のことは自分では分からいのです。

占術師のゲッターズ飯田さんが“人間は自分の話を聞いて貰いたい生物”“誰も僕の話は聞いてくれない”と言われていました。
実際にそうなので、世間なんてそういうものだと上手に割り切ってしまいましょう。
ファーストインプレッションはでしゃばらず、気構えず、語らず、“相手の話を聞いてあげるスタンス”でいて下さい。
好印象がゲットできること間違いなし。
どんな場所でも包容力は最大の武器となるのです。

 

関連記事

yukatanol.hatenablog.jp

 

yukatanol.hatenablog.jp