読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLゆかたんの婚活ブログ

とあるOLの結婚活動ブログ、気ままな日記

アラサーOLゆかたんがYUCO(ユーコ)婚活パーティーに行ってみた

f:id:yukatanol:20161029155845p:plain

ドキドキと華やかさこそ独身の特権

素敵な恋愛から結婚に結びつけないたら真面目で慎重なだけでもNG
時には本能に従って、直感的に大胆に向かい合ってみることも大切。

そんなわけで登録してみたYUCO(ユーコ)
全国各地で色々な種類の婚活パーティーを開催しています。

登録ツールはLINE。
とっても簡単でPC・スマホも含むLINEからなら対応OK。
このサイトの魅力はなんといっても友人割引がきくところでしょうか。

YUCOの公式LINE@に登録すると最大割引70%OFFとのこと。
早速、私も“結婚相手募集中”の人へLINE紹介致しました。

あなたの周りにも口には出さないけれど
自分が心をOPENにすれば(マウンティング女子は論外)
同じ心境の仲間はいるはず。

心の底で出逢いを希望している人、あなただけではありません。
ぜひ、コンパ感覚で友人と一緒に参加してみましょう。
若い時間は風のように過ぎ去ってしまいます。
女性として自分のテンションを高めるために、華やかな世界を楽しんでみることは
人生に必要な時間なのです。

 

 

LINE登録ライフワークバランスの重要性
YUCO(ユーコ)を利用するようになり、
週末が来るのが楽しみになりました。
婚活パーティーの案内が頻繁にやってくるから。

開催の名目によって
色々な世代の人が集まるようで、本当に面白い。

自分時間を楽しむことも人生の充実の為に
とても必要だと思うけれど
一人の世界に閉じこもりすぎるのも良いこととはいえない。

年齢・環境に関わらず
色々な人と関わりを持ち
様々な価値観を受け入れられるようになること。

それが、良い生き方であって
バランスのとれた生き方をしている人は
老若男女、いつまでも素敵。

思いきって
数少ない友人にLINE登録をおススメしてみたら
案外簡単に利用してくれた。

心の底では、みんな“刺激”を求めているものなのですよ??
誰かのことを好きになりたいと思ったり
必要とされたいと思う心は
素直に人間としての欲求のひとつ。
恥ずかしがることも、否定する必要もありませんって??

現状に甘んじず、現実を受け入れて
しかし、どこにいても、いくつになっても
少しずつでも良いので自分を変化させていく努力を
諦めてはいけないように思います。

 

合コンよりソフト 婚活よりスタイリッシュ

かつて合コンで“ブイブイ?”(表現が古くてすいません(-_-;))楽しみ
今ではめっきり落ち着いてきた独身淑女の友人達。

今やめっきりキャリアウーマン&独身貴族に変化を遂げております。
そんなかつての戦友(?)と共に
早速、YUCOの婚活パーティー参加してみることに致しました。

思っていた以上に集まっている人も多く
華やかな雰囲気に思わず“興奮”。
パーティー内容は“合コン”よりソフトで婚活よりスタイリッシュ。

会場はレストラン。
ターゲット層が20代&30代ということもあって
服装も比較的カジュアルな服装で来られている人が多い模様。
軽すぎず、重すぎないノリで楽しむことができ満足致しました。

それにしても、最近は男女問わず年齢不詳です。
“見た目”だけで判断することなど容易ではありません。

実際にそれぞれの方とお話をしてみないとその人の性格・価値観等を含め
理解することは難しいものです。

年齢のせいでしょうか?
それとも、久々に色々な人と対面でお話したせいでしょうか
帰ってきて“心地よい”不思議な疲れを感じてしまいました。

 

 

心の余裕が幸福を呼ぶ

YUCOの婚活パーティーを通じて出会った男性から
個人的なデートのお誘いを受け、一緒にお出掛けすることに致しました。
誘われたら、予定がない限り断らない。
具体的で積極的な行動も欲しいものを手に入れたい時には必要です。

とても良い方で楽しかった。
今はそれでOK。
結果がどうつながるかなど、考えません。

来るものは拒まず、去るものは追わず。
とりあえず、今を楽しんでみる。

若い自分には
受け入れられるもの
受け入れられないもの
はっきりとしていました。

嫌いな人は最初から拒否するスタンスでしたが
ここ、最近人間関係において
最初からシロ・クロの判断をつける必要
ないのではないかと思っています。

勿論、恋愛関係になる→そこから結婚に至るとなると
シロ・クロの返答は必要で、中途半端はいけませんが
入れ姿勢ではありながら、自分にとって嫌なものは最初から受け取らない。

人とのお付き合いは合気道の精神が必要だと思うのです。
それに、縁がある人とは
無理をしなくてもつながっていられるものではないかなぁ~と
気長に考えています。

 

k-partyblog.net