読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLゆかたんの婚活ブログ

とあるOLの結婚活動ブログ、気ままな日記

2017年、アラフォー目前にしてアラサー独身女性が思うこと。

人生の中間地点で思うこと

つい最近、40代~50代男性とお酒を飲みにいった際、
“同じ人を同じテンションで愛し続けることは生物学的に不可能”
と言い放ったことに、独身の私としては衝撃を受けてしまいました。
実際、同じ人間同士で恋愛感情を継続できるのは3年が限界という説もあるわけで。
結婚して夫婦になってしまうと感覚的には家族という枠組になってしまうし、当然いつまでも出逢った頃のままの恋人同士の二人ではいられないことでしょう。
気持ちはお察し致します。

まぁ、生物学的な側面において(?)自分の子孫を残したいという欲望をインプットされている男性にとっては
毎日同じ女性と生活を共にするなんて刺激がなくつまらないかもしれません。
英雄色好むといって多くを手に入れたいと望む男性にしてみれば、“同じ人を同じテンションで愛し続けることは生物学的に不可能”なことでしょう。

それでも、既婚者の方が独身者には絶対に語らない幸せだって
口にしないだけで、絶対にたくさんあるはずなのです。
日頃、煩わしいと感じる家族を失った生活なんて絶対に考えられないはず。
一人ってそれくらい寂しいよ。

女性シンガーの歌の歌詞にもあるように”自由と孤独”は常に隣り合わせ
人はいつだって一人で生きていくことはできないものですよ。
月日が経過することによって色褪せるものも沢山あるけれど、
長い年月の中で誰かと一緒に積み上げたものの重厚感は
既婚者や長く連れ添うパートナーと呼べる人(制度として結婚という形式をとっていなくても)が傍らにいる人でないと分からないと思ってます。
恋愛って、本当は3年過ぎた頃に真価を問われるのかもしれませんね~。

そして、アラサー・アラフォーともなると同世代にはすでにある程度子供が成長してしまって
何となく寂しい・孤独感を感じているという友人もチラホラ出てきたりします。
あまりに早く結婚しすぎて、気がつくのがちょっと遅かったかもしれませんが、
人間の真実なんて結局、結婚しようがしていまいが、家族がいようが子供がいようがたったひとりでこの世に誕生し、やがて死んでいかなければならないということ
それに尽きます。

私のように細々と独身でいるとそれが常に目の前にあるからある程度覚悟もできていますが
早くから家族や子供に囲まれているとわりと見たくない真実すらも見逃してしまいがちなんですね~。

最後の最後に行き着く場所はみんな一緒。
最終的に家族も夫婦も子供もないのです。

 

悔いが残らないようにしっかり婚活する

f:id:yukatanol:20161228225722p:plain

30代~40代で独身の場合、これから死ぬまでどうやって自分一人で生計を立て、生き抜いていくか最終着地地点を明確にさせ確実な経路をとっていかなければいけません。
結婚していても同じ。
家族を養い、子供を育て、その後夫婦でどうやって生きていくか考えていかなくてはいけない。

だからこそ、家の中で部屋も別々・それぞれ仮面夫婦でいるなんて絶対に駄目!!
人生の中間地点にもなってなぁなぁで考えずに過ごしていくのはあまりに無謀です。
今の時点で10年先の未来を考えるよう助言致しておきました。
独身のくせして偉そうなことを言っておりますが(-_-;)

35歳~40歳というのは迷いもありますが人生の中で一番面白い時期だと個人的には思っています。
人生の流れを変える最後の時だと思うから。この時期の決断が人生の終盤迄を決めてしまうこと多いんですって。


ですからどうか、家族を持つこと・子供を持つことを真剣に希望しているという人は勇気を持って(リスクも受け入れ(-_-;))前進して下さい。


20代~30代では既婚・未婚といった立場の違いでお互いに分からないことも沢山あり友人と疎遠になることもありますが、
ある時期を過ぎた時、一人でいたからできたこと・家族がいたからできたこと・子供がいたからできたこと・子供がいなかったからできたこと
人それぞれ色々あり、生き抜くことって大変なことだし、人生って案外長くて、つまらないけど、振り返ってみたら、あぁあの時が幸せだったんだなぁ・・・
なんて思える日がやってきますよ、いつかきっと…ね。 ((^▽^)/

 

 

konkatumiko.net