読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLゆかたんの婚活ブログ

とあるOLの結婚活動ブログ、気ままな日記

【婚活パーティー】PARTY☆PARTY登録してみた、出会った彼とのデートの方法

★軽くなく、重くなく★

色々なサイトを利用して婚活を続ける毎日ではありますが
自分の想像に理想が追いついてこないという時間
淡々と続いています

実際、
人とお付き合いしていくというのは
すごく体力がいるもので
心も揺れ動くし

女性というのは
身体の構造もそうですが
個人差はあれども
歴史的にみても
存在自体が“受け身”なわけで

日本のはじまり
神話のイザナギイザナミの関係が物語っているように
《女神から男神へ声を掛け、子供を作ってみたら…結果、いい子に恵まれなかった!!》
女性からプッシュしたことによる愛の成就は難しいのです!!(断言)

まして
アラフォーともなれば
ただの“押しの強いおばさん”ともとられるわけで


そんな理由から登録したのがPARTY☆PARTY
色々な婚活パーティーを開催してくれる会社です

かつて若い頃に経験した合コンのように軽くなく
お見合いのように重くない出逢いの場所を提供してくれています



登録は簡単。
登録サイトへアドレスを入力すると返信があり
そこから会員登録サイトの返信・登録となります。

登録後、パーティー情報等の検索が可能になるという参加型タイプで
自分の気分と都合に合わせて利用できるところが何よりの魅力です

 

★ここがポイント!類別・区分★

PARTY☆PARTYの魅力といえば
開催内容別に集まる人を事前に類別区分しているところ。
“結婚したい人”集合!!

その一声で沢山の人を集めることができたとしても
人それぞれ、相手に求める条件・相性・ツボが違う
そこのところを年収・趣味・すぐに結婚希望ect…
要望別に合わせてそれぞれのスタイルでパーティーを開催してくれています

利用者にとっても
会社にとっても
一番難しい部分を上手にキャッチして
なるだけ範囲を狭め
“出逢いやすい環境”を提供してくれるわけです。
会社設立から15年という実績にも安定感が感じられます。

目標“良縁成就”
といっても
自分自身の人生を振り返ってみて
その難しさは明らかであるように
縁あって叶うこと。

“タイミング”という
他人では分からないことに
大きく影響されるわけで
結果そのものを求めること自体
“ミラクル”なわけ。


恋愛経験値=直観力も高くなく、
ある程度、守られた環境の中で恋愛成就を求めたい
慎重に物事は選んでいきたい人におススメです

PARTY☆PARTY使ってメールやりとりしてみた

★アラフォー つれづれ★

実際に、PARTY☆PARTYに登録してみたところ
多くの男性からメールを頂いた
丁寧に内容を読んでみて思うのだが
私もそうなのだけど
ここ最近
猛烈に“孤独”を感じている

婚活に焦っているわけでは
言葉のやり取りだけでは
物足りないというか寂しいと感じるようになった

メールで言葉を交わすと
一度、その相手と会話をしてみたい
逢ってみたい、そう思うようになった 

文章のみで
相手の状況・本質を見抜くというのは本当に難しい

かなり高度な推測力と
人間としての経験
最後に実践力が必要になってくるので
案外と“面倒臭い”!!

また、駆け引きも必要な時もある

それを楽しいと思える時代もあったが
アラフォーにもなると、
かえって“疲れる”

PARTY☆PARTYを利用して
一番、良かったことは
タイプは違うが
何かしらの共通点がある人と巡り合うことができたこと

恋愛以前の問題なのかもしれないけれど
誰かと会話をする
それだけで相手に影響を受け、自分も元気になる

まるで老人のようなのですが(笑)
お互いの違いを楽しめるようになった分
大人になったといえましょうか(笑)

 

PARTY☆PARTYを通じて出会った男性とデートしてみた体験談

★アラフォー男×アラフォー女 本音を語る★

 

同世代男性と意気投合し
この度、食事をすることになりました

男と女という
性質は違えども
お互いにアラフォーともなりますので
“話が合いそう”“ウマが合いそう”“理解”できそう
そういうことがことの“始まり”でございます

とはいえ、互いに“独身”の“男女”でもある為、
先のことは当人同士も分かりませんが、とても面白い人なので
一緒に飲みに行くことに致しました


お互いに妙齢を過ぎていることもあって
厚かましくも自分自身のことはしっかりと棚に上げ、
どうして“独身”でいるのかを互い探り合うのですが
特に“理由”は見当たらないのです

人間は環境に大きく影響を受けるものですが
男性の場合、その多くは
周囲に結婚をしている人が多いと“自分もそろそろ”と思う

結婚している人が少ないと“まだ、必要ない”と考えるそうで
彼、曰く
結局、結婚したいと思った時期に“目の前にいた人”と結婚するものだそうです

“性”が違えば、価値観も違うもの
人間って“面白い
いい歳ながら、お互いに本音トークを楽しみました。

 

k-partyblog.net